「カンジタ膣炎」の原因

「カンジタ膣炎」という病は、何が原因で発症するのでしょうか?ファクターをよく知って、規則正しい施術で警護したり改善したりください。

カンジタ膣炎を発症する原因は、ホルモンばらまきの狂いが大きく影響しています。生理の弱や妊娠内など、ホルモンのばらまきが乱れると、膣の自浄効果が規則正しく作用しなくなり、カンジタバイ菌が増大することがあるのです。

健康な状態では、膣中の常在バイ菌のばらまきが整ってあり、カンジタバイ菌が増大することはありません。但し、プレッシャーや疲れにてスタミナがが低下するって、膣の自浄効果が正常に働かず、カンジタバイ菌が増大して、カンジタ膣炎の発症に変わるのです。

耐性の弱化も膣の自浄効果に影響し、カンジタバイ菌が増えてカンジタ膣炎を引き起こす原因になります。そうして、繊細ゾーンのかゆみやおりものにダメージが現れたりするのです。

また、男性がコンドームを使用せずに、カンジタ膣炎を発症している女性と性行為をすると、男性にもカンジタ膣炎が感染することもあります。女性の膣中の黴菌が男性に移って、男根炎や尿道炎を引き起こすのです。女性も性行為にて膣中が傷ついて、炎症がひどくなってしまうことがあります。

なお、紳士側にカンジタバイ菌が存在するという、女性側にさらに移ることもあります。このように、性対話にて、お互いに移したり移されたりすることを「ポンポーン感染」と言います。それでも、敢然とコンドームを着用するため、ポンポーン感染は防ぐことができます。繊細ゾーンのことはいたたまれないかもしれませんが、両人を続けるためにも、あちらというきちんと病のことを理解し合うことが大切です。ミュゼ所沢の脱毛は期間限定キャンペーン中!